2013年12月7日

嵯峨野厭離庵 真紅の紅葉








開門直後に訪れたので参観者も少なく静かに撮影することができました。紅葉の盛りを聞きますと3日前とのことでした。3年前は境内が建物が芝折戸が復元された時雨亭が真紅に染まるほどの景観がありましたが今年は期待外れでした。しかし前日の雨でしっとりした散り紅葉が撮影できたことでよししています。
しかしここでも中型機を持ち立ち位置も変えず同じアングルで棒立ちで数十枚もの撮影する人が数人いて連写のすさまじさに驚かされました。しかし最近はこのような撮影をする人が多いようですね。
私はおおむね80分から90分程度滞在して陰影の瞬間を眺めて光の状態を確かめ待ち膝をつきあるいは座るなどして角度を変えて露出を変えてあるいはレンズを変えて撮影しますので同じアングルは数枚程度ですがそれでも枚数が増えてしまいますが今回は6.5ギガの容量でした。
 NIKON D3  AF-S  VR NikkorED 24-70mmf2.8 G ED  NX2



0 件のコメント: