2019年5月24日

大阪の水門 六軒家川水門

六軒家川水門 春日出橋から撮影。
六軒家水門管理施設
43号線の歩道から眺めた六軒屋水門の河口方。梅田方面が見える。
           43号線の歩道から眺めた六軒屋水門

六軒家川、正蓮寺川はかっての中津川の支流で大阪の工業地帯の中心地で付近は0メートル地帯ですので高波対策と利水体系を管理している水門です。水門は敷地内にあり立ち入りできません。形式は、ローラゲート3門型で、径間は、主水門14m副水門8.5m。昭和44年3月完成しています。
淀川水系の研究ということで、訪問した際の画像です。高潮そして津波対策のために設置されていますが近くで見ると巨大さに驚かされます。





2019年5月23日

芦屋鉄道紀行 芦屋・甲南山手駅間 ER210-309 




青空に誘われての久しぶりの撮影です。金網が高く撮影ポイントはこの位置は、線路への扉がありかろうじて上部から撮影が可能なため時折撮影を楽しんでいます。
複々線のため時折新快速の電車と被さる場合があるのですが。





2019年5月22日

梅田貨物線 梅田第一踏切




福島よりには線路が掘り起こされ地中工事が行われているようです。都心の道路で特急列車や貨物列車が見られる風景は日本でも少ないのではないかと撮影しています。
晴天でしたので高層ビル街を背景に楽しく撮影できました。


2019年5月21日

東海道本線 さくら夙川・芦屋 箱根登山鉄道 3100系






3100形2両固定編成「アレグラ号」は、2017年にデビューした新型車両です。
3000形1両との連結による3両編成での運行が可能で、輸送力増強が図られています。連結部分は、運転室を撤去し連結間の窓を大型化し、箱根の雄大な自然や、箱根登山電車の特徴の一つである。
と解説されています。
二度ほど乗車したことはありますが急勾配と曲線には驚かされていましたが登山電車の趣は楽しい思い出です。その後、乗車の機会はなくその頃の車両は廃車されたようです。
今回川崎重工業から甲種回送とのことで撮影しています。

2019年5月20日

阪神電鉄 淀川駅



8000系は、阪神を代表する車両として親しまれています。
2001年度から2015年度にかけて実施したリニューアル工事により、車体は9300系と同様の「プレストオレンジ」と「シルキーベージュ」のツートンカラーに変更されています。






2019年5月19日

神戸北野異人館街  続







神戸北野異人館街の萌黄の館と風見鶏の館です。ホビュラーですのであまり撮影していなかったのですが久しぶりの訪問でありジャズプレイィヤーの彫刻ともに画像におさめています。
萌黄の館をこれほど多く撮影した記憶はなく色鮮やかな異人館に惹かれたようです。




2019年5月18日

芦屋鉄道紀行 JR東日本GV-E400系DC甲種回送





JR東日本の新型電気式ディーゼルカー「GV−E400」系が川崎重工業から回送されるとの情報を確認し久しぶりの8660レの甲種回送を撮影できました。



JR東日本の新型電気式ディーゼルカー「GV−E400」撮影後近くの公園で一休みしている際に動画を撮影しました。手持ち撮影ですがそれなりに4本の列車が記録することができました。iMoveiwからの掲載です。

2019年5月17日

芦屋鉄道紀行 574K700m 8072レ



 8072レEF210-309

回送列車か不明です。DD51-1109が排気音を高らかに眼前を通過して行きました。後部からですが久しぶりの撮影でした。


2019年5月16日

神戸北野 山本通り異人館街

 旧ディスレフセン邸
 山本通りのシウエケ邸


      
北野青龍神社 山本通りから北野通りの山手へ歩くと山麓に鎮座する神社です。

神戸北野山本通りの異人館街を散策しつつ撮影を楽しみました。公開されていない異人館も多くあり人出も多くアングルは限定されましたが抜け道を歩きつつ海を見下ろす高台で時間を過ごすことができました。

2019年5月15日

阪神電鉄香櫨園駅




途中下車し久しぶりの撮影です。三宮方面は曲線区間から梅田方面は打出駅から上り勾配を走行する画像となるのでフアンが多いようです。山陽電車と阪神電車のラッピング車両を目的としてしばらく滞在しました。

2019年5月14日

梅田貨物線 梅田信号場 梅田第一踏切






梅田北ヤード工事を地上からの撮影です。地下化工事も進捗しているようです。この踏切も廃止される日も近いようです。