2009年10月26日

霊社



いまから900年前の平安時代末期の治承8年一ノ谷の合戦、生田の森で戦死した河原太郎、次郎を祀る社である。
神戸居留地跡の三ノ宮神社の裏で近代的なビルのなかに秘やかに祀られている。
神戸をはじめ阪神間には古い史跡が多くあり民間活力で保存されている。道路や都市計画で破壊されることも多いが残っている。後世に残したいものだ。

2 件のコメント:

KONDOH さんのコメント...

こんばんは。
神戸なんて行った事のない者にとっては近代的な港町というイメージが強いですが、いろいろと史跡も多いのですね。
少々知識を得ました。

tokiwai さんのコメント...

都市としては最近はまったく活気がありませんが山と海の見える街として趣のあった街も都市開発で古い遺産は破壊し続けられています。
それでも残された建物を利用して震災後少し賑わいがもどりつつあります。
六甲山麓に広がる神戸には信じられない古い歴史の痕跡があります記録に残したいと思っています。