2009年10月31日

鉄人28号

山陽本線新長田駅近くににある若松公園で10月4日、高さ15.6mの「鉄人28号」モニュメント像の完成セレモニーが 行なわれた。「鉄人28号」は1956年から雑誌「少年」に連載された漫画で、これまでに何度もアニメ化された人気作品であるが漫画はほとんど読まなくあまり記憶はない。
新聞では報道され近くの阪神高速は何度も往復しているが立ち寄る機会はなく寄り道をして撮影した。
「鉄人28号」モニュメ ント像は1/1スケール像で、足を伸ばして直立させたときの全長が18mになるように製作された。中は鉄骨、外 は耐候性鋼板製。重量はおよそ50トン。両足の下、深さ6mに埋められたおよそ150tの基礎で支えられている。とある
製作したのは長田区の特定非営利活動法人「KOBE鉄人PROJECT」で「鉄人28号」の原作者で神戸市須磨区出身の漫画家である故・横山光輝氏にちなんで、阪神大震災後の復興・商店街活性化のシンボルとして製作した。総工費は1 億3,500万円。神戸市から補助金4,500万円が拠出され、残りは個人や企業からの寄付・協賛金でまかなった。と報道されている
紺色ボ ディの「鉄人」像は、阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた商店街方向(南側)を向いている。両足を踏ん張り、右手を突き出した力強い鉄人ボーズである。
新長田地区はかってゴム関係の工場が多くあり靴等の生産工場が密集し活気を呈していた。最も酸く競れた競技スポーツシューズで著名なアシックスシューズの発祥地でもある。
この像は一時的なものではなく、若松公園内に恒久設置されるため現在も鉄人像の株は舗装工事中で今年度末には鉄人像の足元整備が行なわれることになっている。






0 件のコメント: