2009年2月18日

風見鶏の館


社伝によると、平清盛が福原遷都に際して、新しい都の鬼門鎮護のために1180(治承4)年、京都の北野天満宮を勧請して社殿を造営されたという。
その後、神戸の北野天満神社の周辺は「北野」と呼ばれるようになった。
神社と異人館のある風景をおさめたかったが落ち着かない冬空にそのチャンスはこなかつたのが残念だ。



阪神大震災で半壊状態となりおよそ2年間かけて修復さている。寒い日であったが入館する人はおおかった。

0 件のコメント: