2009年2月13日

冬の嵯峨野散策






久しぶり嵯峨野を散策した。整備され過ぎてあまりにもの変貌に驚かされたが静かな散策ができた。この地も観光客、特に高齢者の男女のマナー以前の人として礼儀、ものの考え方そして振る舞いのないものたちに悩まされている。とのことである。
山でも同じことが語られている。今日はいなかったようだが大陸からの公害物資を含んだ黄砂のため目に時々痛みを感じた。そして淀んだ空、これも迷惑なことだ。
しかしゆっくり穏やかに1日をのんびり過ごすことができた。

0 件のコメント: