2009年2月3日

榎木大明神  熊野街道 






長堀通りから見上げると坂道に、注連縄がまかれた御神木がある。この木は推定650年の樹齢をもつ槐(えんじゅ)で、その傍らには小さな祠があり、地域の人によって榎木大明神として大切に祀られている。
かつてこの辺りは紀州熊野参りとお伊勢参りの街道筋だったため、この樹は目印のひとつとなり、また地元の人達は産土神として祠を建てて、代々この樹をお守りしてきた。とのことで、大正期に都市計画のために伐採されそうになりましたが、事故が続き伐採されずに残ったとも伝えられいる。
さらに楠正成が植えた。との言い伝えもある。

0 件のコメント: