2009年3月7日

滝口寺の供養塔

新田義貞供養塔

南北朝時代、新田義貞の妻勾当内侍が三条河原でさらし首になった義貞の首を持ち去り小倉山で庵を結んだ。という太平記の物語の舞台で史実として不明ではあるが滝口寺に供養塔が建立され祭られている。
高山樗牛の小説「滝口入道」の舞台でもある。
勾当騰内侍供養塔


平家供養塔

平家一門と重盛、重盛の部下齊藤滝口時頼を祀る供養塔が竹藪にひっそりと建立されている。
平家物語に登場する物語の供養塔が多いのは、平家一族の繁栄ともに評価があったからだろう。
平安貴族の別荘の地でもあり草庵を結ぶ地であった嵯峨野は現代は賑やかで華やかで静かさもなくなるほど多くの人を惹きつけているのは歴史の重みだろうか。

0 件のコメント: