2013年10月24日

芦屋だんじりの歴史

戦前まで芦屋市内には8基のだんじりがあった。打出(かっては4基)、津知、三条の旧村落に1基、芦屋村の山芦屋、東芦屋 西芦屋 茶屋芦屋 浜芦屋の5集落の5基だった。
これらのうち、三条、津知の両村は近世以前、本庄9ケ村と称して現在の神戸市東灘区区域の村々(森 中野 小路 小路 北畑 田辺 深江青木)とともに保久良神社の氏子として、古くは5月13,14日の祭にだんじりを曳いていた。
打出のだんじりは10月17日に打出天神社の祭に、他の5基は10月15,16日の芦屋神社の祭に巡行が行われた。
このうち山芦屋、打出の2基は現存する。津知、西芦屋 茶屋芦屋 浜芦屋のだんじりは戦災で焼失し、東芦屋は解体、三条は売却された。
打出のだんじりは、近年まで天神社の祭日に境内南方のだんじり倉から出されて飾りつけられていたが、ここ数年は巡行が有志の手で復活された。
 打出地車 翠ケ丘町
打出地車 親王塚町
一方山芦屋では、交通事情や曳き手不足で昭和36年から48年には地車曳きは断続的になった。しかし昭和48年山之町地車愛好会が結成され、今日では10月15,16日にもっとも近い土曜、日曜日に市内巡行が続けられている。山之町のだんじりは、明治9年製で明治40年頃兵庫区から購入されたもので、正面には素戔嗚尊ま大蛇退治、泥幕には義経の八艘跳や近江八景 脇障子には源平の敦盛と熊谷などの彫刻を持っている。また後方の小屋根の下には、賎ケ岳の戦いや加藤清正の虎退治が彫られている。だんじりは、昭和53年に大修理が行われた。また、装飾幕が2枚あり、古い方には龍や牛若丸、新しいのは南北朝の忠心(楠木正成 新田義貞 児島高徳)の図が描かれている。
 山之町地車  阪神芦屋駅前
山之町地車  精道町
だんじり内では、太鼓 2丁鐘 半鐘が入り地曳きに際して、出発、廻る、前進、後退、宮入り 地囃子 の六種だんじり囃子が奏される。
1979年当時は芦屋市のだんじりは2基が現存していた。と30年近くの古い資料ではあるが芦屋の生活文化史(1979)にだんじりの歴史が記録されている。
その後の推移として記録すると
打出地車、打出地車愛好会が運営、神戸型。昭和9年(1934)10月16日、新調入魂式。大工は植山宗一郎。彫師は木下舜次郎。助は阿保文康。幕師は梶内近一。平成8年に平間利夫により改修。明治期は打出村は4地区に分かれ寺の町、東の町、西の町、西蔵町で地車を曳いた。

山之町地車、山芦屋地区で運営は山之町地車愛好会。
神戸型地車。明治4年(1871)制作。明治43年和田岬の倉庫に保管の中古の地車を400円で購入。大工は不詳。彫師は銘が無いが、平間勝利師の作ではないかと言われている。平成23年(2011)9月18日、修復入魂式。梶内だんじり店によりコマ、担い棒新調、金具の再メッキ、締め直し。
となっているが2013年度の打出地車は巡行中となっている。

2013年現在は毎年10月にあしや秋まつりの主要イベントとして市内各地でだんじり巡行が行われて25年が経過した。その間に三条 西之町 精道の地車は売却や解体等の変遷を得て復活した。(続く)


NIKON D3  AF-S  VR NikkorED 24-70mmf2.8 G ED  NX2




0 件のコメント: