2019年5月21日

東海道本線 さくら夙川・芦屋 箱根登山鉄道 3100系






3100形2両固定編成「アレグラ号」は、2017年にデビューした新型車両です。
3000形1両との連結による3両編成での運行が可能で、輸送力増強が図られています。連結部分は、運転室を撤去し連結間の窓を大型化し、箱根の雄大な自然や、箱根登山電車の特徴の一つである。
と解説されています。
二度ほど乗車したことはありますが急勾配と曲線には驚かされていましたが登山電車の趣は楽しい思い出です。その後、乗車の機会はなくその頃の車両は廃車されたようです。
今回川崎重工業から甲種回送とのことで撮影しています。

0 件のコメント: