2010年12月5日

鷹峯壇林旧跡常照寺


 

                     大丸窓、俗に吉野窓を配した遺芳庵
吉野太夫の好んだ大丸窓(通称吉野窓)を配した遺芳庵において太夫を偲んで毎月釜がたかれたと古文書に記録されています。吉野門も寄贈しています。
吉野太夫は六条三筋町の才色兼備な名妓として和歌、音曲、俳諧、連歌、書、茶湯、囲碁等の学徳にも秀でその美貌とともに一世を風靡していましたが豪商灰屋紹益と26歳で結婚し38歳で病死しこの境内に墓が建てられています。
本名は松田徳子、慶長11年(1606年)3月3日〜-寛永20年(1643年)8月25日。命日は吉野忌として俳句の季語となっています。


 風情のある庭園
鷹峯三山 鷹ヶ峰 鷲ヶ峰 天ヶ峰の見渡す地に本阿弥光悦の寄進により日蓮宗寂照院日乾上人を招じて開祖された鷹峰壇林(学寮)の旧跡でかっては境内に堂宇がならび幾百人と勉学にいそしむ学僧で賑わった歴史があります。
鷹ヶ峰お土居付近まで散策しましたが千本北大路通りにつながる道は両端に伝統的な家屋が残され古くから主要な道筋であったことをしることができます。平入、中二階で虫籠窓を配した京町屋の商家の建物は市街中心のものと変らない景観が楽しめます。

                  NIKKOND3 AFーS NIKKOR 24ー70mm 1:2.8  G ED  
                                 ISO400 絞り優先マルチパターン測光      

0 件のコメント: