2008年12月8日

師走風景




激動の2008年も終わりを告げる。いつまでも失われた10年から脱却できるのか。幻の史上最長の好景気も失せ耐えることもうすぐ20年の年月が経過する。
千数百年の激動の時代を耐えてきた忍んできた京都人の生き方を学ぶことだ。そして人間らしく生きることを考えたいものだ。

0 件のコメント: