2015年12月14日

化野念仏寺 紅葉と石仏










風葬の地であった化野で1200年前弘法大師が五智山如来寺を開基され遺骸を埋葬したと伝えられいます。
境内には八千体を数える石仏・石塔はこの一帯に葬られた人々の墓であったが歳月を得て無縁仏と化し化野一帯に散乱していた石塔を明治中期に配列安置された。と記されています。
ここでは西行法師の
  誰とても
  留るべきかはあだし野の
  草の葉毎にすがる白露
と人の命のはからさを詠んだ和歌を思い出します。

0 件のコメント: