2011年12月20日

天龍寺塔頭宝厳院 続々







少し空が濁りしばらく待っている間に陽の光が降り注ぎ回りの光景は一変しあらかじめ決めていたポイントで人ごみを避けて撮影することができました。混雑した時間でしたがなぜか無人になる時間があるのは不思議な思いですが団体行動がよほど好きなんですね。と語りかけるセミプロのカメラマンの語りかけが思い出せました。
今年も撮影旅行は楽しみましたがやはり重くて不便ではあるのですがフラッグシップのデジタルカメラの使用頻度が多くなりました。ミラーレスもそれなりに撮影していますが、各社多様のカメラが発売されていますが独創的なカメラ発売後にはリメークかコピーのような性能で発売されるのを見ていますと魅力もなくなりした。これではiPhoneであるいはiPadでも可能ではないのかなと思う年でした。
それにしてもこの宝厳院は素晴らしいお寺でした。
NIKON D3  AF-S  VR NikkorED 24-70mmf2.8 G ED  NX2

0 件のコメント: