2019年1月12日

梅田地下街 ホワイティ梅田 泉の広場

あれこれスケージュルに追われ日々がいたずらにすぎてしまいました。
泉の広場は、ホワイティうめだの前身「ウメダ地下センター」開業8年目の1970年に完成ています。初代の噴水は天井のシャンデリアが特徴で、待ち合わせ場所として定着した。
1981年完成の2代目は、水が流れ落ちる階段状の噴水を設置した。
現在の3代目は2002年完成の大理石製で、大阪市の姉妹都市、イタリア・ミラノ市の彫刻家の協力を得て、映画「ローマの休日」に登場する「スペイン広場」などを参考にデザインした。されています。
撤去されるとのことで近くにと所要がありそれを済ませて撮影しました。この日は、正月のお飾りがされていました。





長年たくさんの人に愛されてきたホワイティうめだの「泉の広場」広場の噴水がなくなる前にあなたがしたい「あんなこと」や「こんなこと」を募集します!!との掲示があり、1970年に設置された梅田地下街の泉の広場が撤去されるとのことです。
この場所では、正月の飾りをはじめ季節のデコレーションが飾られ50年近く親しまれてましたがイベント会場にかわるとのことです。




0 件のコメント: