2018年6月20日

東海道本線 加島跨線橋 72レEF65-2089



久しぶりの撮影ですがEF65形式撮影で賑わつていましたが架線事故の影響で50分遅れで通過した頃には少なくなっていました。

2018年6月19日

神戸花隈城跡

久しぶりの地震で驚かされました。23年前の阪神大震災に比較して被害は少ないとはいっても日本全国であちこち群発するのも自然のなせる現象とは言え余震も多くしばらく我慢せざるを得ないですね。







1568(永禄11)年に摂津国守護・和田惟政によって築かれた花隈城は、1574(天正2)年には織田信長の命を受けた荒木摂津守村重公の手によって大幅に改築されます。およそ東西350m、南北200メートルほどの広さを誇る、山陽道東西の陸海の交通に睨みを利かせる重要戦略拠点となりました。
しかし花隈城は、1580(天正8)年7月にあえなく落城。城将大河原具雅は自害しここに13年後には廃城となっています。。

2018年6月18日

神戸花隈城跡 都市の新緑とEF66




東海道本線元町駅近くの戦国時代の古城跡からの画像です。遅れがあり見事にかぶっています。35ミリでの撮影です。

2018年6月17日

神戸元町通り散策





神戸元町通りです。老舗が多く賑わっていましたが、古くからの店が見られます。かっては見られなかったディスカウントショップも残念ながら少しつづつ増えているようです。街の風景にも見られる無為無策の格差社会の現在では当然でしようか。


2018年6月16日

芦屋鉄道紀行 打出村踏切 EF66-118




変わり映えのしない画像です。踏切に車も人も見られない瞬間に通過していきました。交通量の多い踏切では珍しい光景でした。

2018年6月15日

神戸東遊園地 フランス料理店 ヴィラブランシュ




フランス料理のランチやディナーが楽しめるレストランです。戦災で焼失し復元された外国人倶楽部の煉瓦づくりと似た建物です。ここでは景観も楽しめ美味しい料理がいただけるようです。



2018年6月14日

神戸東遊園地 野外彫刻

MARINA
新谷琇紀 作。作家のイタリア人の奥さんがモデルの像です。
エーゲ海に捧ぐ 
木内克 作 東遊園地北側髪が長くて、下半身をことさら強調したこの女性像です。

モーツアルト像
1991年A.W.モーツァルトを追憶し、没後200年を記念して、全国有志により建設された。

 老人
本郷新 作 頑固一徹そのものの老人像です。

モラエス像
長谷川雅司 作 ポルトガル領事をつとめ、日本を世界に紹介した人物の顕彰碑です。
 この東遊園地は生田川の付替えに伴い、旧河川敷を加納宗七が払い下げを受け、宅地や道路に造成し当時ののメイン道路が現在のフラワーロードとなり旧居留地の外国人専用の運動場であったためビル等が建設されず現在の市内では数少ない広場のある東遊園地となっています。
 神戸市は1960年代の後半から彫刻をまちづくりに取り入れ、フラワーロードを「花と彫刻の道」として整備し東遊園地にも数多くの彫刻が展示されています。何度も撮影し久しぶりにモノクロ化して掲載しました。

2018年6月12日

芦屋鉄道紀行打出村踏切 5050レ EF66-104



在庫からの掲載です。国鉄時代の機関車も少なくなり可能な限り撮影することとしています。遠出もかなわず自宅近くでレンズを天気の良い日には向けています。

2018年6月10日

芦屋鉄道紀行 打出村踏切 EF210



 


踏切での撮影ですが人も車も待ち合わせするなく道路から好きなアングルでを選ぶことができました。最近は自宅近くの撮影を楽しんでいます。

2018年6月6日

芦屋鉄道紀行 1070レ EF201-7



新しく購入した35 ミリの試し撮りです。ズームレンズの片ボケも見られずすっきりした画像であり楽しむことができました。




2018年6月4日

芦屋鉄道紀行 打出村踏切 8073レEF210-305




列車通過前に無人となり遮断機を入れて道路から通過風景を切り取りました。このような瞬間は少なく私にとって貴重な画像となりました。

2018年6月3日

大阪駅梅田歩道橋



大阪駅前梅田歩道橋からです。最近阪神百貨店も一部の改築が終わり風景が変わりつつあります。変わりゆく駅前風景を記録したいものです。

2018年5月31日

芦屋鉄道紀行打出村踏切 75レEF65-2050





夕方の撮影です。最近は単焦点で撮影する機会が多くなりました。低姿勢での撮影はアングルが狭まりますが思わぬ画像を得ることができます。

芦屋鉄道紀行 打出村踏切 77レEF210-160


20ミリで低姿勢で撮影しています。黄砂もなくスッキリした画像が得られました。しかし屈む姿勢は苦痛でしたが今後も撮影を楽しみたいものです。

2018年5月29日

芦屋鉄道紀行  打出村踏切  1070レ EF210-901






 機能的に限界がある望遠ズームの撮影から最近単焦点むレンズでの撮影が多くなりアングルを考え条件を変えてレンズを向けています。
この機関車は久しぶりの撮影でした。