2017年1月18日

阪神大震災22年 神戸東遊園地1.17のつどい

6,434人が亡くなった阪神・淡路大震災は17日、発生から22年を迎え、阪神間と淡路ーの各地で遺族らが犠牲者を悼んだ。神戸市中央区の東遊園地では午前5時から「1・17のつどい」があった。「1995 光 1・17」の形に並べられた約7千本の竹灯籠に火がともされ、発生時刻の午前5時46分、遺族や市民らが黙禱した。と報じられていましたが、私は10時過ぎに慰霊のために今年は訪れました。ひっそれした時間帯したが静かに会場を巡り神戸市役所の展望台からも会場を見ました。
風化しつつあるとのことですが遠隔地からも慰霊のために訪れたと会話がありました。
被災者の一人として既に22年が経過したのかと思いつつこの日を過ごしました。












0 件のコメント: