2017年10月21日

神戸の近代建築

 神戸海岸ビル
  神戸海岸ビル

  神戸海岸ビル

神戸郵船ビル

商船三井ビル
台風21号接近と秋の長雨ま日々が重なりさらには所属している会の資料作成に時間を取られ在庫からの掲載が多くなります。斑鳩のコスモスの撮影に向かいたいのですが・・・・・
晴天の日が待ちこがれるのですがいつのことやらとあきらめています。


2017年10月20日

神戸 三宮神社

 神戸市三宮町に鎮座する神社で 一宮から八宮までの神社の中の三柱目に当たり 祭神は 天照大御神の御子である 女神 湍津姫命を祀る。当社は 周辺の「三宮」という地名の由来にもなっている。
航海の安全と商工業の繁栄を守る神として信仰されていますが創祀されたかなどについては極め難い神社です境内に源平史跡「河原霊社」や「史蹟 神戸事件発生地碑」と当時の大砲が置かれている。慶応4年(明治元年、1868年)には 三宮神社前において 備前藩兵と外国兵の衝突が発生し当時港に碇泊中の米、英、仏、伊、和、普の外国軍艦の 陸戦隊と交戦状態となり一時神戸は占領されたが備前藩士 滝善三郎正信は責を一身に負い兵庫永福寺で見事な切腹をして事件は落着をみた。正信の犠牲は日本を植民地化させず国を守ったがその後この付近は居留地として明治31年まで占拠されていた。



近代的なビルに囲まれてかっての面影は見られないのですが神戸開港の複雑な歴史が偲ばれる地で近くをあるく際には必ず参拝しています。

2017年10月19日

芦屋鉄道紀行 さくら夙川・芦屋駅間




8月29日の撮影です。配6866レがEF200牽引とのことで撮影に向かいトワイライト・エキスプレス瑞風を撮影したのですがかげろうですつきりしない画像となりました。
207系も221系もしっかり撮影しています。

2017年10月18日

芦屋秋まつり2017年 業平橋 地車巡行




六甲山を背景にとアングルを探しての撮影です。市内では同じ場所でが多く背景もしつかり考えて地車の巡行風景を記録したいものです。

2017年10月17日

芦屋秋まつり 地車巡行 業平橋 続






秋の長雨か雨天が続きコスモスの撮影も楽しみにしていましたが実現出来ないようです。だんじり巡行がせめて今年も撮影できたことで満足しています。
だんじりが国道二号線業平橋のたもとを横断する景観は芦屋らしくこのんで撮影しています。

2017年10月16日

 iPhonePhotoGraph大阪環状線ホーム




 大阪駅環状線ホームでり待ち会わせていた際、外回り内回りとも321系車両が入線しステンレス車両と駅構造物の陰影に惹かれ撮影した画像です。


2017年10月15日

芦屋鐵道紀行 甲種回送9195レ DF200-120





はしめて撮影したDF200形機関車です。北海道では牽引記とし九州ではななつ星を牽引していますが本州地区では回送時のみの撮影となります。
川崎重工への回送とのことで撮影しました。

2017年10月14日

芦屋鐵道紀行 甲種回想8860 レ小田急3000系





だんじり巡行画像は中断し在庫からの掲載です。
最近LRの保存カタログデータの容量が膨大となり外付けハードディスクしていまが停滞気味です。作業も複雑ですので丁寧に作業をしています。

2017年10月13日

東海道本線 甲種回想 東京地下鉄 13000系 加島大橋





加島大橋での撮影は久し振りです。梅田での所用を済ませメモしていた時間に間に合いそうだと陸橋へと向かいました。撮り鉄は少なくなったのか一人での撮影でした。

2017年10月12日

芦屋秋まつり2017 大正橋 三條、山之内、西之町地車





芦屋川左岸を巡行する地車です。六甲の山並みを背景に撮影を楽しみにしています。江戸時代は貧しい農村地帯でしたが地車巡行はその頃からはじまりマンションョンが林立する町の現代に続いています。将来にもわたり継続させたい行事です。そのため毎年僅かですがご祝儀を渡しています。

2017年10月11日

芦屋秋まつり2017 月若橋 三條、山之内、西之町







芦屋秋まつりのだんじりの練り廻しに参加のため市内を巡行するだんじりを月若橋を渡るシーンを六甲山と秋天を背景に撮影した画像です。
予定がありこのあと大正橋と業平橋のみ撮影できました。