2015年12月15日

嵯峨野化野念仏寺 石仏と石塔





鳥居本の化野念仏寺の西院の河原には極楽浄土で阿弥陀如来の説法を人になぞらえて安祀供養されている石仏を眺めていますと何百年という歳月をつくづく感じさせられてしまいます。これもあだし野の「あだし」は「はかない、むなしい」という意味で「化」の字は「生」が化して「死」となり、この世に再び生まれ変わること、極楽浄土に往生する願いをも意味している。とのことです。
この日は晴天と紅葉の見事な光景にあきず撮影した画像が驚くほどの枚数となりました。いつまでも紅葉の画像が続くようです・・・・・・・

  NIKON  D3  AF-S   Nikkor 24-70mmf2.8 G ED 

0 件のコメント: