2015年10月27日

神戸ビエンナーレ 港で出会う芸術アート作品 2015 

Features of the Kobe Biennale, the arts of interest not only contemporary art, Japanese traditional arts such as flower arrangement and calligraphy, design, fashion, etc. There is a point ranging variety.
Furthermore, traditional high art of street performers and children painting has been ignored in the world, Pastry of design, contemporary culture also capture attempt, such as comic illustrations, development of young artists, will be a special mention of the excavations have also been made. This wide diversity, is what you are trying to express the Kobe likeness, which has been developed as a port city to become the gateway of the various arts and culture.


神戸ビエンナーレの特徴は、対象とする芸術分野が現代アートだけでなく、生け花や書のような日本の伝統芸術、デザイン、ファッションなど多岐に及ぶ点があります。
さらには、従来のハイアートの世界では無視されてきた大道芸や児童絵画、洋菓子のデザイン、コミックイラストなどの現代文化も取り込む試みが、若手アーティストの育成、発掘もなされているの特筆されます。この多種多様性は、様々な芸術文化の玄関口となって港町として発展してきた神戸らしさを表現しようとしたもので。







前衛的な作品が多く時代ともに変化が感じられ作品が特設テント内と会場内に展示され作品も大きく見応えがあり写真のテーマとしては面白さは抜群でした。他の会場も訪れたいものです。

0 件のコメント: