2015年6月16日

石山寺  硅灰石と源氏の間 

硅灰石

硅灰石
この奇岩は石山の名の言われとなった硅灰石で天記念物に指定されています。
源氏の間

源氏の間 紫式部
伝として紫式部が石山寺で源氏物語を執筆されたと伝えられ源氏の間として観覧できます。
本堂から新緑

毘沙門堂と観音堂

石山寺の平安時代の内陣、鎌倉時代の多宝塔、鐘楼そして大門と日本の寺院建築の歴史をかいまみることが出来ます。江戸時代には近江を愛した芭蕉も庵を設け過ごしています。

NIKON D600  AF-S VRZoom-NikkorED24-120-㎜F3.5-5.6GIF 

0 件のコメント: