2015年4月28日

京都大原 深緑の寂光院 建礼門院ゆかりの寺

思ひきや み山のおくに住居して 雲井の月を よそに見むとは
          建礼門院





 南蛮雪見灯籠と本堂
汀の池と1000年の姫小松 庭園

久しぶりに平家物語ゆかりの大原寂光院に出かけました。随分以前に拝観しているのですが・・・・・・・
参拝のため自然石の階段の両側の古木の青もみじが尼寺の幽邃なかくれ里らしくもありました。
本堂は2000年(平成12年)に放火により本尊も焼失していますがその後再建されています。本堂前の庭園は建礼門院がこの地ですごした平家物語の時代ままで汀の池、苔むした石、桜が火災で枯死した1000年の姫小松も保存され当時の余韻を残しています。

この日は夏日のような暑さでもありそのうえ黄砂とPM2.5の飛来で目に痛みを感じる陽射しでしたのには参りましたがそれに耐えて散策した画像です。

NIKON D3    AF-S  VR NikkorED 24-70mmf2.8 G   

0 件のコメント: