2014年9月8日

阪急電鉄十三駅   TAMLON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD








10数年前知人から不用とのことで頂いたうZoom NIKKOR 80~200mm1:4.5は、金属製の鏡胴で重量もありましたが愛用していましたが接触傷も多くズームフォーカスリングの劣化かすすみピントが相当甘くなり35年前の1979年製でも修理可能だろう。とは思ったのですが・・・・・


TAMLONSP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005)を購入することとしました。
このレンズは、2010年の発売当時より効果の高い手ブレ補正機能を搭載。超音波モーターに加え、高性能タイプに肉薄する描写力とともに単なるハイCP(コストパフォーマンス)レンズという常識を、完全に打ち破っている絶賛されていたこともあり純正レンズとも考えたのですが・・・・・・




行きつけの梅田のカメラ店で相談し購入し、晴天が続くだろうと阪急十三駅へ向かいD600に装着し試撮した次第です。USDによるAFも速く歪曲も感じられずただ倍率色収差が軽いマゼンタがグリーンが周辺部に感じられるひとだったが評価通りの性能の印象でした。画像はLr5.6で現像しています。



2 件のコメント:

KONDOH さんのコメント...

こんばんは。
十三ですか。懐かしいです。
この駅のホームで何回か阪急電車に乗ったりしていますので。
タムロンの望遠ズーム、私は一時ニコン、キヤノン、ソニーと、3つのマウントで持っていた事があります。(^^;
安価の割には良く写るレンズで気に入っております。
キヤノンマウントなんて3万3千円(新品)でした。
丁度価格が落ちていた時でしたので。

tokiwai さんのコメント...

純正の28-300も考えたのですが、このレンズの評価の高さに惹かれて十三駅のホームで早速開封してD600で試撮しKINDOHさんが語られるように安価なレンズにもかかわらAFにも不満もなく重さも適当で手にも馴染みやすく画像も拡大して確認し現像すれば大丈夫だろうと気にいりました。
このレンズを使う楽しみが増えました。