2014年4月23日

京都府立植物園 枝垂桜






日本の代表的な植物園といわれ、北大路通りと北山通りの間鴨川沿いに90年前1924年(大正13)の開園しています。総面積約24万平方メートル、収集栽培植物は約1万2000種類が広大な大芝生地、桜林、ばら園、日本の森植物生態園などがあり、以前は見られなかったのですが1992年(平成4)4月にオープンの大観覧温室が魅力ですね。今回は入館できなかかったのですが次回は訪れてみたいものです。
府民の憩いの場として公開され、植物の観賞を通じて教養に資するとともに、植物学の研究などに寄与すさせることが目的とのことです。
その1部の桜林にはソメイヨシノ、八重紅枝垂など500本の桜が植えられ訪れた日は満開でした。
 NIKON D3  AF-S  VR NikkorED 24-70mmf2.8 G ED       

0 件のコメント: