2013年5月31日

新緑の曼殊院門跡 









修学院駅で下車し1.5キロとのことで歩きはじめたのですが、あまりにもの暑さに曲がりくねった道を歩くのだと思い出してこれではとついタクシーに乗車してしまいました。
洛北の曼殊院は江戸時代初期に造営された庫裏と大書院、小書院ですが桂離宮ととの関連が深い江戸時代の代表的書院建築の前に広がる王朝風の枯山水はこれぞ日本の庭園であると訪れるたびに感動させられています。
しばらく訪れる機会はなかったのですが今回もやはり新たな感動がありました。

NIKON D3  AF-S  VR NikkorED 24-70mmf2.8 G ED  NX2





2 件のコメント:

KONDOH さんのコメント...

こんばんは。
5枚目の雰囲気が良いですね。
梅雨入りしましたが、雨に濡れる姿も良さそうです。
これからは紫陽花もまた惹かれますね。

tokiwai さんのコメント...

紫陽花はこれからが楽しみですね。
久しぶりに大原へと考えていますが雨の日に・・・・
曼殊院門跡は枯山水の庭園ですがこの書院から眺める光景は心いやされる書院です。
書院のなかの違い棚や絵画とふすま等々と畳と柱と書院の柱と廊下の赤い毛氈と庭のおりなす光景日本の美の原点ではないでしょうか。私も5枚目のこの光景が大好きです。
訪れる人も少なく京都でもっとも好ましく思うお寺です。KONDOHさんも是非訪れて下さい。