2012年8月31日

神戸電鉄鈴蘭台一本松踏切鉄道画像







神戸電鉄は輸送人員が長期にわたり減少傾向にあり、2011年度は27億円の赤字で経営改善のため設備投資を低い水準に抑制せざるを得ない状況にあり4両編成の車両もワンマン運転である。乗車券は回収されず駅での対応する都市型ワンマン運転となっています。経営改善のため粟生線の廃止も検討されています。
また一方では古びた車両も多く見られ老朽化施設が多く施設の更新改良が進展していないように見かけます。
このため阪急阪神グループとして神戸電鉄の安全確保の為、国の補助制度を利用して施設改良を行い、鉄道を近代化し経営・サービスを改善することがすすめられているとのことですが鉄道経営は大変な時代となっているようです。
NIKON D3  AF-S  VR NikkorED 24-70mmf2.8 G ED  NX2

0 件のコメント: