2012年8月18日

鉄道写真展







「その列車の行くところ 東と西」のテーマでJR芦屋駅前ラポルテ西館「ギャラリー篝火」において8月16日から8月19日まで芦屋市在住の武田昌也氏が開催されていることを知り訪れました。
お尋ねすると東京と芦屋で生活されているため東京地区と関西地区において撮影された鉄道写真が表題ののとおり展示されていました。
今回は二度目とのことでした。
作品は少ないですが丁寧に撮影された画像を展示されていましたのでお許しを得てブログに掲載しました。

sony NEX-5  E18-55      F3.5-5.6   OSS

2 件のコメント:

KONDOH さんのコメント...

こんばんは。
東西で撮影された鉄道写真ですか。
なかなか面白そうな写真展ですね。車輛も色も東西では結構違いますから興味深いです。

tokiwai さんのコメント...

関西大学鉄道研究会の元会長が開催されていました。
東西各社の鉄道車両を撮影されて特急は特急、普通は普通とコンパクトにまとめられ展示されていました。
いろいろ苦労話をお聞きしましたが、大学鉄研は現役よりOBが主力で活動されているとのことでした。関西大学の鉄研はNゲージの運転も含め阪神間でよく活動されているようです。