2011年5月31日

西福寺

西福寺は空海が当地に辻堂を建て、自作の地蔵尊をまつったのが寺の起こりとされいすます。この地蔵は六波羅地蔵といい、檀林皇后(嵯峨天皇の皇后)が皇子正良親王(仁明天皇)の病気平癒を祈願して以来、子育て地蔵としても信仰されている。


轆轤町(ろくろちょう)」のあたりは、かつて人間の骨が無数に出てきたことから髑髏(どくろ)町と呼ばれていたのを、江戸時代に板倉所司代が町名を変更させた。といわれています。





毎年8月7~10日の4日間は、お盆のお精霊さん迎えの行事、六道参りの精霊迎えの行事が行われており、期間中西福寺本堂には「六道十界図」や「壇林皇后九相図絵」などが掲げられます。

SONY  NEX-5 E18-55F3.5-5.6 OSS ISO 400 絞り優先

2011年5月30日

宝厳院新緑の獅子吼の庭園






獅子吼の庭園には獅子岩、碧岩、響岩といった巨岩を身近に見て散策する庭園で枯山水の築山とともに心癒される庭です。
SONY  NEX-5 E18-55F3.5-5.6 OSS ISO 200 絞り優先

2011年5月29日

霊雲院 続






今日も東福寺塔頭霊雲院の新緑の庭園風景です。
禅寺の庭は世界観を表現することから教えられるものがありじっと眺めているだけで豊かな思いがするひととときは得難いものがあります。
最近の雨天の日々にも訪れて静かに対話したいものです。
SONY  NEX-5 E1855F3.5-5.6 OSS ISO 200 絞り優先

2011年5月28日

霊雲院

遺愛石のある珍しい庭九山八海の庭です。一時は荒廃していましたが近年修復され禅庭として高く評価されています。白砂の砂紋は心静かに眺めることができます。


臥雲の庭は寺号霊雲を主題にした庭で流れる水、雲の描く美しさを枯山水で描かれた庭で部屋から眺めて立ち去りがたい思いをさせられました。

久しぶりに九山八海の庭と臥雲の庭で知られる新緑の東福寺霊雲院を訪れました。
1390(明徳元年)に岐陽方秀に開基されはじめは不二庵として称していました歴史のあるお寺です。西郷隆盛が密議を行い、また日露戦争ではロシア人捕虜収容所となった歴史もある寺院です。
新緑と庭の美しさに感動させられました。

NIKON D3 AF-S NIKKOR 24-70mmf2.8 G ED ISO400 絞り優先

2011年5月27日

六道の辻 六道珍皇寺






六道の辻は、松原通(旧五条通)が轆轤町にかかるところの辻のことで平安時代以前からこの辺り一帯から山麓にかけては、「鳥辺野(鳥部野)(とりべの)」といわる野辺送りの葬送の地で、亡くなった人を送る、僧侶が死者の霊魂に引導を渡す冥界への入口にあたる辻とされてきました。
現世と冥界の境界として、小野篁(おののたかむら)が冥土通いをしたという伝説の井戸がある六道珍皇寺(ろくどうちんこうじ)があります。ひなびたお寺で訪れる人も少ないのかひっそりしていますが小野篁の伝説を思い浮かべてお参りした次第です。
付近は愛宕念仏寺跡、地蔵堂跡、閻魔堂跡、姥堂跡、そして今も残る六波羅蜜寺、西福寺、幽霊飴の店が点在する建仁寺近くの小さな商店街が連なる静かな町です。
NEXでの撮影です強烈な個性があるのかどうも撮影が慣れず頭が切れたりハイライト部がとんでみたりいまだに試行錯誤しています。


SONY  NEX-5 E18-55F3.5-5.6 OSS ISO 400 絞り優先



2011年5月26日

愛宕念仏寺 続






羅漢像の多さに驚くばかりです。新緑の境内をめぐる時、表情豊かな羅漢に見ほれて時の経つことが忘れさせられます。
燃えるような紅葉の時期にも訪れたいものです。
NIKON D3 AF-S NIKKOR 24-70mmf2.8 G ED ISO400 絞り優先

2011年5月25日

京の新緑青もみじ 祇王寺続々






平家物語の祇王祇女の物語として語り継がれていることで知られてよく訪れるいていますが王朝時代の人の生き様が残されていることを思い浮かべつつお参りしています。
しかし平家物語は悲しい物語が多いようです。
SONY  NEX-5 E18-55F3.5-5.6 OSS ISO 400 絞り優先

2011年5月24日

京の新緑青もみじ祇王寺続






新緑の祇王寺は訪れる人は少なくゆったりとした時間がありました。1月にも訪れましたがこの時期は新緑が眩しいほどでした。
花の写真、55mmのレンズはMFのみ使用できるのですが、100mm程度のマクロレンズが欲しいと昨今つくづく思うようになりました。

SONY  NEX-5 E18-55F3.5-5.6 OSS ISO 400 絞り優先

2011年5月23日

須磨離宮公園バラ 続々







撮影したバラの名称をメモした用紙を置き忘れて記載できないことでしまったとつくづく思っていますチンチン、オンディーナ、ステファニー・ド・モナコ、センチメンタル、プリンセス・ミチコと魅力的な名称があり残念です。
これだけ広い場所での手入れは異常気象の影響もあり育ちがよくないようです。
しかし噴水とバラの取り合わせがこの公園の楽しみです。


NIKON D3 AF-S NIKKOR 24-70mmf2.8 G ED ISO200 絞り優先