2011年12月8日

嵯峨厭離庵続








静寂な境内はいつまでも滞在したい思いがします。狭い境内ですが密度が濃い風景があります。ほとんどここでも2時間近く滞在してあらゆる角度から撮影するのですが非効率そのものですが地元ということで2台のカメラで切り取るシャッターチャンスを楽しんでいます。
小倉百人一首を編んだ藤原定家の時雨亭跡とされ復元されていますが、二尊院、常寂光寺にもあり場所は定かではないのですが厭離庵ではその趣が見ることができます。
sony NEX-5  E3.5-5.6 /1.8-5.6 OSS

0 件のコメント: