2011年12月7日

嵯峨厭離庵




時雨亭
時雨亭
織部灯籠と庭
苔むす庭とちり紅葉
小倉山の麓にある厭離庵は藤原定家山荘跡とされていましたが冷泉家が厭離庵の寺号により臨済宗天龍寺派と修復、明治以降再び荒廃したが仏道、庫裏そして本堂がその後に時雨亭が再建され再建され京の名庭としておよぞ700年の歴史を伝えています。
庭は一般公開されないために苔むす庭と新緑と紅葉が季節の彩りをみせてくれます。清涼寺からの西方にありますが分かりにくい場所にありますがこの時期大きな看板があり訪れる人が多いようです。狭い日陰の庭のこじんまりした印象がしますが非常にまとまった上品な庭園です。
この日は、宝厳院も訪れその後に祇王寺に向かいましたが落葉盛んでした。この後市内で所用があり嵯峨嵐山駅へ向かいました。
今年の紅葉は気候不順で時期が判断できない状態でしたが他の用件もかねて18ギガ近く撮影してますので選択してアップしたいものです。


NIKOND3  AF-S  VR NikkorED 24-70mmf2.8 G ED  NX2



0 件のコメント: