2010年9月17日

東海道本線元町駅鉄道画像 続々

内側線の電車は撮影することで構図はとりやすくなります。
ホーム端ではぎりぎりまで待つことで撮影が可能です。
俯瞰撮影は雰囲気も変わるようです。
曲線がきつく構図がとりにくいのですが国鉄時代の電気機関車がいまなお活躍しています。
鋼管柱や防護柵もありもう少し長いレンズが望ましいようです。


NIKON D3000  DX AF-SNIKKOR 55-200mm 1:4.5〜5.6ED  ISO400RAW 

2 件のコメント:

KONDOH さんのコメント...

おはようございます。
こういったカーブ地点は鉄道撮影には最適のところですね。
私も先日の北海道で同じようなアプローチをして撮影したところがあるのですが、草木が邪魔をして・・・。(笑)

tokiwai さんのコメント...

鉄道画像を見ていますと名所があるようでこのようなS字カーブに人気があるようです。同じような写真になってしまいますが私も朝早くからホームに立つマニアを見て撮影の参考にしています。
電車が走る区間はトロリー線や鋼管柱、電線、ケーブルと煩雑な画面になりますがなんとか取り込みたいとレンズを向けています。
しかし鉄道の撮影は忍耐そのものの時間ですね。